しっかり管理されているかが大事~クリーンなマンションを選ぶ~

売却と購入側

落ち着いた色の家具

不動産売却について知っておきたいこと

自己所有の不動産を売却する場合、売却理由が重要となります。売却理由はできるだけ売買に有利になるような理由がよいでしょう。 つまり、その不動産についてのメリットがいいと考える売主もいるでしょう。たしかに、不動産のメリットを伝えることが大事かもしれません。しかし、売主はそのように考えていても、買う側としてはメリットよりももっと知りたいことがあります。それがその不動産のデメリットです。なぜ買う側はデメリットの方を知りたいのでしょうか。その理由は、住宅を不動産を購入した後、こんなはずではなかったと後悔をしたくないからです。 そこで、売主としてはメリットを伝えるよりも、デメリットをしてしっかり伝える事を心をかけた方が良いでしょう。

買う側のほうが有利である

不動産を売買する場合、売る側と買う側ではどちらが有利でしょうか。この力関係を知ることで、売主としては不動産を売却しやすくなります。 売る側としては、売買の対象となる不動産を1つですので、そのものが売れるかどうかが最大の関心事になります。できれば、できるだけ高い価格で、しかも早期に入ることを願っているはずです。 ですが買う側としては不動産は売主のものだけではありません。数ある不動産の中から自分にとって価格が安くて使いやすいものを選んでいきます。 また、よほど急いでいる場合を除き、すぐにでも購入する必要はありませんので、早期に購入することもあまり考えられません。 このように考えると、売り手と買い手では買い手の方が有利な立場にあります